ワキガ治療の種類

ワキガの治療方法は色々とあります。

軽度の人から重度の人まで、ワキガには色々な症状があります。

症状に合わせた治療方法を選択する必要があります。

 

また、「痕が心配」な人が選択するべき方法や、「ニオイを完全になくしたい」人が選択するべき方法など。

 

自分の要望と状態に合わせた治療方法を検討してください。

wki8-300x272

アポクリン汗腺

 

ワキガの根本的な原因と言っていいのが、『アポクリン汗腺』です。

汗を出す線で、もう一つの線は『エクリン汗腺』と言います。

エクリン汗腺は99%は水分で、残りが塩分や尿素やアンモニアと言われています。

身体のどこにでもエクリン汗腺はありますが、アポクリン汗腺はワキの下やデリケートゾーン、

耳の中や肛門、乳輪などのごく限られた部位にしか存在しません。

 

アポクリン汗腺から出る汗は、白っぽい色をしており粘りっ気があります。

タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが含まれています。

この成分を常在菌によって分解されると、あの嫌なニオイにつながります。

 

昔からワキガの治療=アポクリン汗腺の除去というイメージが非常に強くあると思います。

軽度

ニオイも少し気になる程度のひとは、市販の塗り薬や飲み薬などで十分に改善が見込まれます。

 

病院では『塩化アルミニウム液』という制汗剤や『臭化プロバンテリン(プロバンサイン)』という内服薬などを処方してくれます。

塩化アルミニウム液は、ニオイを抑える効果もあるようです。

 

臭化プロバンテリンは抗コリン剤という内服薬で、汗の分泌を抑えてくれます。

しかし、口や目が渇いたり、尿の出が悪くなったりすることもあるので、継続服用はオススメされていません。

 

中度

ボトックス注射で汗を出す伝達物質の分泌を抑えることが出来ます。

多汗症の人がニオイも気になる場合は、この治療方法を選択されるようです。

アポクリン汗腺ではなく、エクリン汗腺に働きかけます。

 

汗の量が少なくなるので、不快感は少なくなるようです。

 

電気凝固法という治療方法もあります。

ワキの下に電気針を刺して、高周波電流で腋毛の脱毛とアポクリン汗腺と皮脂腺を破壊します。

美容外科などで、脱毛とワキガ治療を同時に行うことが出来ます。

 

 

重度

昔からある一番の治療方法といえば、剪除法と呼ばれているアポクリン汗腺を一つ一つ取り除く治療方法です。

お医者さんが目視しながら、取り除いてくれます。

ワキの下を切開するので傷跡が5cmほど残ります。

ニオイの一番の要因である、アポクリン汗腺を切除するので、重度の人には良いとされています。

 

非直視下手術法

皮下組織吸引法と言われる、ワキの下に小さな穴をあけて管を通しアポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺などを掻き出しながら吸い取ります。

切開するより傷跡が目立たないのがメリットです。

ただし、剪除法ほど完全にアポクリン汗腺を取り除くことが困難とされています。

wakiga_ope

超音波吸引法と言われる治療方法は、上記の皮下組織吸引法をベースにした治療方法です。

先端に超音波を発生させるものがついていて、超音波から発生させる熱でアポクリン汗腺を破壊して吸引します。

火傷や合併症のリスクがあると言われています。

 

皮下組織削除法と言われる治療方法で、専用の器具で治療します。

カミソリの刃のようなものがついている器具で皮下組織を削り取り、

アポクリン汗腺やエクリン汗腺を除去します。

傷口が小さくすむのがメリットです。

しかし、回復までに時間がかかること、皮膚壊死のリスク、ドクターの力量などで差があるなど。

色々と検討することがあります。

 

引用;日本橋形成外科 わきが手術動画

 

まとめ

ノアンデなどの医薬部外品でニオイを抑えられるのであれば、無理に外科的な治療方法を選択する必要はないかと思います。

しかし、本人が『跡は残ってもニオイをなんとかしたい。』という気持ちが強いのであれば、一度専門の病院で相談してみて下さい。